「経済のこと考えるとやっぱ自民」→違います。「実質賃金ガンガン下げていきます!」で消費はガタ落ち!アベノミクスの実態をシンプルにまとめてみた

 

ポイント2
「GDPって史上最高額だったんでしょ?」

いいえ、数字のカラクリです。

2016年の名目GDPが史上最高額を記録と言われていますが、
一言で言うと、

統計手法が変わったドサクサにまぎれて、数字を異常にカサアゲしたからGDPが大きく増えたように見える。

と言うことです。
これに対する検証は著者のブログでも詳しく見られます。

あー!もううちら完全にダマされてるよ!!!

ポイント3
「アベノミクスで雇用が改善したんでしょ?」
いいえ、民主党時代から改善し続けています。

そして、若年層が自民党に投票した大きな理由としてあげられている「雇用の改善」ですが、これもアベノミクスと関係のないことがわかっています。

雇用改善は,生産年齢人口の減少,医療・福祉分野の需要増大,雇用構造の変化(非正規雇用の増大)によるもので,民主党時代から続いていた傾向。アベノミクスは無関係。(P151)

 

私の知る限り,雇用改善をアベノミクスの成果とする論者の中で,「増えた雇用の内訳」に言及している者はいない。内訳を見れば雇用改善がアベノミクスと関係無いのがよく分かるのだが。わざとやっているなら悪質,わざとでないなら分析が浅すぎる。(ブログより

 

ポイント4
「株価は上がってるじゃん!!」
公的資金投入によるものであり、実体ではありません。

ちなみに株についてですが、、、

株価の上昇は、日銀とGPIFによるもので、実体経済を反映していない。公的資金投入をやめると暴落は必至。(P152)

これも、うすうす感じてました、、、、

そして、最終章に書かれていたこの会話が怖すぎます。

モノシリン
「みんなアベノミクスと言う言葉は知っているけど、中身とその効果については全然知らない」
太郎くん
「うん、そう言う状況だとアベノミクスって選挙対策としてはいいよね。中身は知らないけどなんか「頑張ってる感」は出るし、株価とか為替とか目立つ数字だけは好調に見えるから「民進党よりマシ」って考えにつながりやすいよね」
モノシリン
「そう。だから、「自民党以外に頼れる政党がない」って言う考えになる。本当は史上最悪の経済政策を実行して、出口も見つからずに現実逃避をしているだけなのにね。

 

そういえば、安倍さん、こんなこと言ってるらしいですよ!

 

だまされないように、こちらもしっかり勉強して、周りに伝えて行かなければなりませんよね!

そうそう、こんな呼びかけも始まってるようですから、ぜひ!!!