枝野代表「今ある憲法をちゃんと守ってから言え」のマトモさと、安倍内閣9条加憲の本当のコワさ(動画あり)

 

古賀氏によれば
・「これまでの憲法解釈として「自衛隊は合憲」という意味は、自衛隊があっても悪くはないが、決して「自衛隊がなければいけない」ということではない。
・一方、「自衛隊を保持する」と書くと、自衛隊を持たなければ憲法違反になってしまう。
・「安全を確保するため」の言葉があることで、抑止力がある強力な自衛隊でなければ憲法違反、という解釈が可能になってしまう
・結果的に強大な軍事力を持つことが憲法上の要請になってしまう。

ということで、この条項は、単に自衛隊の存在を憲法に明記する、ということではないのです。
そして現政権は、そこまでちゃんと見越してこの提案をしてきているのです。

 

給食のお代わりが暗黙の了解で認められていたとします。
お代わりするおかずがなくなっても問題はありません。
しかしこれが学級ルールとして「健康維持の目的で、給食をお代わりするものとする」と明記されるようになれば、
「お代わりしなければいけない」と読めるようになり、
「じゃあお代わりを前提にたくさん給食を用意しなきゃ!」
ってなるってことです。


自衛隊に関する項目を9条に加えることには、こんな未来に繋がる可能性があるのです。

なので、安易に
「自衛隊は実際に働いているんだし、憲法に入れてもいいか!」
などと考えると、軍備を増強したい政権の思うがままですよ!

万一改憲をはかる国民投票になった時に備え、今からしっかりと勉強し、周りの人にも伝えていきましょう!