【リスト付き】メディアに落胆するのはまだ早い!番組を変える「ご意見」の数が少なくて驚く

テレビは本当に政権の言いなりなのか?

「テレビは本当に重要な問題を取り上げてくれない」
「他人の不倫なんかどうでもいい、政治の問題をもっと取り上げて欲しい」
そう思っている人、多いと思います。
そして実際に、テレビは本当に重要な問題を取り上げていません。

なぜでしょうか?

安倍首相がメディアとの会食を繰り返しているのは有名な話です。
でも、これをもって
「テレビは政権の言いなり」
「メディアと政権は一体」
と言い切ってしまうのは違うと思います。

組織というのはそんなに単純なものではないのは皆さんもよくご存知でしょう。

校長先生が教育委員会の言いなりになってるとしても、
全ての先生が言いなりになるでしょうか?

トップが政権とべったりだったとしても、
全ての社員が政権とべったりになるでしょうか?

違いますよね。
最終的には、番組ディレクターや、一人一人の社員の問題意識や思いが番組を作るのではないでしょうか。
現場の力を侮ってはいけません。

 

圧力はもちろんあるが…..

もちろん、圧力は実際にあります。

たとえば、記憶に新しいのが、元経産官僚の古賀茂明氏が報道ステーションで
「菅官房長官をはじめですね、官邸の皆さんにはものすごいバッシングを受けてきました」
と発言し、さらに
「やっぱり「安倍さんとは、我々は考えかたが違うよ」と。それが「I am not ABE」ということで。」
と言って、「I am not ABE」という自作のフリップを掲げた際のこと。

この番組の最中に官邸から番組スタッフにメールが届きました。さらに、菅官房長官は、その後の会見で「放送法があるので、テレビ局がどのような対応をとるのかしばらく見守りたい」と発言するなど、「脅し」とも取れるような発言をしています。

 

ちなみに、このメールを送ってきた中村格氏は、伊藤詩織さんの準強姦事件で逮捕の執行を停止した人物だそうです。

この事件について詳しくは、古賀茂明さんが詳しく書いているのでそちらをご覧いただきたいと思いますが、このような、官邸による圧力は実在し、さらにそれに対して番組制作の現場が「忖度」して「萎縮」しているという事実があります。

当たり障りのない話題が好まれる

また、積極的に「この問題を取り上げるのはやめよう」ということでなくても、スタッフも人の子、「当たり障りのない話題にしておこう」という心理が働くのもよくわかります。
こんな感じ。

本当に力があるのは私たち視聴者

しかし、失望する必要はありません。
番組の制作現場に対して本当に力を持っているのは政権ではなくて、私たち視聴者の声だからです。

制作スタッフは視聴者の声を何よりも重視します。

実は「ネトウヨ」と呼ばれる人たちはすでにこのことをよく知っていて、こまめに番組に意見を送っているとも聞きます。
こんな感じです。

ただ、それでも1つの番組に寄せられる意見の数は100もあれば多いそうです。
そしてある有名なニュース番組の例で言えば、その意見はスタッフ全員に回覧され、編集方針に反映されていくのだといいます。

たった100件でいいのです!

100人が意見を送れば番組を変えることができるのです!

「この問題をもっと取り上げて欲しい」と思ったら、テレビの前やSNSでブツブツ言うだけの時に何百万人にものぼる人たちが、そのブツブツをメディアに送れば、番組は大きく変えられるのです。

「報道ステーションを応援する会」

このことに着目して活動しているひとつが「報道ステーションを応援する会」です。(このアカウントは状況に応じてアカウント名を変えているが、当初はこの名前でした。)
ツイッター @ouenhst
facebook 報ステとnews23を応援する会

上記の古賀茂明氏の事件と前後して発足したこの会は、「意見を送ってメディアを変えよう」というスタンスで例えば下記のような形で呼びかけを続けています。

番組スタッフに本を送る取り組みも

また、クソ忙しい番組スタッフは、なかなか自身の勉強をする時間もないだろうということで、「旬の本をプレゼントしよう」という下記のような取り組みもある。

「誰かが1冊送ればいいだろう」と思ってはいけません。
番組スタッフは何十人もいます。
送られる本が多すぎるということはありません。

意見や本の送り先は

NHK 
テレビ朝日 
日テレ 
TBS 
フジテレビ 

また番組に直接意見を送りたい場合は「番組名+意見」で検索すれば簡単に見つけることができます。

ネットで呟くだけでは変えられません。
今すぐメディアに意見を伝えましょう!