テレビでは見られない?2017年自民党関係の気になったニュースまとめ

 

そしてこれも「やはり安倍友が特別扱い」の疑念を強くする案件なのである。

ひとしきり話が進んだところで、齊藤社長が、“こちらの方は、総理、官邸と近い人物です。信頼していただいて大丈夫です”と言うと、山口さんが例の……ヨイショ本の『総理』を差し出してくる」
https://lite-ra.com/2017/12/post-3686.html

 

 

共謀罪成立:金田勝法相「私の頭脳で対応できなくて申し訳ありません」

そしてこちら。
与党議員も呆れるお粗末な答弁の連発だったが、共謀罪は、処罰の対象等が曖昧なまま強行採決。

 

文科省の天下り:
国家公務員法で禁じられた行為が横行

今年1月に発覚した文部科学省の天下り問題。2月に入って、その深層部が明らかになりつつある。その実態は、天下り先の要望によっては首のすげ替えまで行う、手の込んだ再就職あっせんシステムだった。
http://toyokeizai.net/articles/-/158436

 

自民党議員の豊田真由子氏、秘書への暴言や暴行報道で離党届を提出

元衆議院議員の豊田真由子氏が元秘書に「このハゲー!」「違うだろー!」などと暴言を吐いた問題。これはさすがに政治に興味のない方でも耳にしたことがあるだろう。

 

がん患者は「働かなくていい」とヤジ

そしてここからが問題発言系だ。注意したいのは問題発言には2種類あることだ。「純粋な言い間違い」系と、「心に思っていることが出てしまった」系で、ここで問題になるのは後者だ。国会議員たるもの、差別や蔑視の考え方は捨て去って欲しいと心から思う。

ちなみに「がん患者は働かなくていい」とヤジを飛ばしたのは自民党・大西英男氏である。
詳細はこちら

 

「(東日本大震災が)まだ東北で、あっちの方だったからよかったけど」

「(東日本大震災が)これがまだ東北で、あっちの方だったからよかったけど」発言で復興大臣を辞任したのが今村雅弘氏だ。
3週間前の4月4日も福島県などからの自主避難者について「自己責任」との認識を示し撤回と謝罪に追い込まれていた。詳細

>>次ページへ