海外メディアはお見通し!安倍政権の行く末は?


 

公平な立場から日本の状況を見ることができる海外メディアは、今安倍政権をどう見ているのだろうか。
そもそも、2017年の時点から、海外のメディアは次のような報道をしていた。

 

まずイギリスのガーディアンは「安倍総理夫妻が極右の学校に現金を渡したことで告発されている」と報道。記事はこちら

 

英国インディペンデントも同様の記事を掲載。

ワシントンポストには「安倍総理は極右の学校に秘密裏に寄付を行ったことについて、疑惑を否定した」等の記事が掲載されていた。

 

辞任発言についても言及

そして例の「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」という安倍首相の発言についても報道されている。記事はこちら

 

そしてここ数日も、

New York Times (2018/3/26) が”Japan’s Akie Abe ‘First Lady’ Role Now Puts Her in Scandal’s Spotlight“ と昭恵夫人について取り上げたり、こんなツイートも。

The Guradianは「安倍首相が土地売却のスキャンダルで追い詰められ、部下を非難」と報道。

 

抗議行動も詳しく報道されている

BBCもこのような安倍氏やデモの画像と共に、状況を事細かにまとめている。

Forbesは「森友問題が、総理大臣を追放するかもしれない」という記事を掲載。
School Scandal May Get Japan’s PM Expelled — Can Abenomics Survive Without Abe?

そして極め付けは何と言ってもトランプ大統領のこの言葉だろう。

「安倍晋三首相と話をすると、ほほ笑んでいる。
『こんなに長い間、米国を出し抜くことができたとは信じられない』という笑みだ。
こういった時代はもう終わる」(出所

海外メディアはすでに安倍政権の終焉を見据えているようだ。