SDGs de 地方創生ゲームが地方で熱い!

SDGs をカードゲームで勉強できる

今や未来に向かう地域づくりのキーワードとして欠かせなくなった「SDGs」(持続可能な開発目標)。2015年9月の国連サミットで採択され、2030年に向けて多くの国で様々な取り組みが始められています。日本でも自治体や企業が行動目標として掲げて活動をはじめています。

でも、
「SDGsってよく耳にするけど、実はよくわからない」
「国連で定められたゴールだと聞くけど、実際に自分たちの生活や取り組みとどう関係するの?」
「ゴールが17、ターゲットが179あるらしく、とても追いきれない」

といった声も。

そこで、登場したのがSDGsをより手軽に、より深く理解するためのカードゲームです。

SDGs目標達成の道のりを体験
〜カードゲーム「2030SDGs」

SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。

SDGsについてまだあまりよく知らない、という人でもゲームを通じて楽しみながらSDGsについて理解を深めることができます。


さまざまな価値観や違う目標を持つ人がいる世界で、我々はどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのでしょうか。

このゲームはSDGsの目標を1つ1つ細かく勉強するためのものではありません。「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体験的に理解するためのゲームです。(イマココラボのサイトより

 

直近では鹿児島市で開催されるようです。
【2/16鹿児島開催】ゲームで体感するSDGs 自分と世界のつながり

SDGs de 地方創生ゲームで地域活性化

このSDGsの考え方を、地域に寄り添った形で捉え直してみようというのが実践型シミュレーションゲーム「SDGs de 地方創生ゲーム」です。ある仮想の地域を舞台として、市民や行政など様々な立場の人たちが未来に向けたまちづくりを展開していきます。こちらも直近での実施は福岡県のようです。


2019/2/21 福岡県柳川市

2019/2/22 福岡県久留米市

お近くにお住いの方、参加してみてはいかがでしょうか?